段ボール箱の選び方

引越しを専門業者に頼む場合は、業者から段ボール箱を提供してもらえることが多いです。

そうでない場合は、自分で段ボール箱を用意する必要があります。

食器や書籍類、キッチングッズなどを入れる箱は、みかん箱サイズが目安となります。

大きいほうが便利だと思いがちですが、運びにくく、仕分けしにくいなど、引っ越し作業の効率が落ちる場合もあります。

同じ形の段ボール箱を大・小2種類そろえておけば、積み上げがしやすく、作業がはかどります。

使わないものからスタート

オフシーズンの衣類、本や雑誌類など、今すぐ使わないもの、なくても困らないもの、引越し後すぐには使わないものから箱詰めしていきましょう。

不要なものを引越しをいい機会に、思い切って処分してしまうのもいいと思います。

重いものは小さな箱へ、軽いものは大きな箱へ

本や食器などは、まとまるとかなり重くなるので、小さな箱に分けて詰めます。

また、食器類など割れ物を入れる場合は、箱の底に新聞紙を厚めに敷いておき、重いものから詰めていきます。

衣類は軽いので、大きな箱にまとめます。